出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代中期の陶工・画家、尾形乾山の著作。乾山自筆と伝わり、作陶方法などを記している。元文2年(1737)3月に書かれ、さまざまな人物の手を経て三井財閥の池田成彬の所蔵となり、世に知られるようになった。江戸伝書。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉