出典:デジタル大辞泉(小学館)

昔の文書の末尾に書いた署名。特に草書体で書かれたものを草名 (そうみょう) とよび、さらに図案化された書体のものを花押 (かおう) とよぶ。花押が一般的になってからは、書き判が花押の別称とされることがある。→草名花押

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉