出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。四番目物。旅僧が清水 (きよみず) 寺で、花月という喝食 (かっしき) になっているわが子に再会、花月は曲舞 (くせまい) 羯鼓 (かっこ) などの芸尽くしを見せる。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉