出典:デジタル大辞泉(小学館)

馬に乗って走りながら弓を射る競技。平安末期から鎌倉時代にかけて盛んに行われた。もとは射手の笠をかけて的としたが、のちには円板の上に牛革を張り、中にわらなどを入れたものを用いた。小笠懸 (おがさがけ) 遠笠懸・神事笠懸などの種類がある。