出典:デジタル大辞泉(小学館)

廃棄物焼却炉の一。ガス化炉と溶融炉を組み合わせてゴミを処理するシステム。ゴミを低酸素状態で蒸し焼きにして可燃ガスと炭に分離した後、セ氏1300度以上の高温で燃やす。ダイオキシンの発生量が少なく、排熱を利用して発電や熱供給を行えるため、コジェネレーションシステムを構築することが可能。燃え残りである溶融スラグ路盤材として再利用できる。