出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 天と地との間。大空 (おおぞら) 。空間。「空を切る」「空をつかむ」

  1. (梵)śūnyaの訳。うつろであること、ない、の意》仏語。すべての事物はみな因縁によってできた仮の姿で、永久不変の実体や自我などはないということ。

  1. 空軍」の略。「陸海空」

[名・形動]
  1. 何も存在しないこと。また、そのさま。うつろ。

    1. 「彼は―な懐 (ふところ) をひろげて」〈藤村

  1. 事実でないこと。よりどころのないこと。また、そのさま。

    1. 「決して自己弁護の―な言草じゃあない」〈里見弴・今年竹〉

  1. 無益なこと。また、そのさま。むだ。「今までの努力が空に帰した」