出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 翻刻・翻訳・抄録などする前の、もとの本。「原本との異同を調べる」

  1. 一定の内容を表示するため、確定的なものとして作成された文書。謄本抄本などのもとになる文書。「公正証書原本」

  1. 物事の根本。おおもと。「原本にさかのぼる」

出典:青空文庫

出典:gooニュース