出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 他に先を越されること。また、相手に先に攻められて受け身の立場になること。「立ち上がりから後手に回る」「することなすことがみんな後手になる」⇔先手 (せんて) 

  1. 囲碁・将棋の用語。

    1. ㋐先手のあとで着手すること。また、その人。後手番。⇔先手

    2. ㋑自分の着手に対し、相手が受けてくれず、他の好所に先着されてしまうこと。⇔先手

  1. 後詰め1」に同じ。

[生活/その他]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース