出典:デジタル大辞泉(小学館)

教派神道十三派の一。安政年間(1854~1860)、赤沢文治が創始。天地金乃神を主神とし、神と人との間を仲介する取次 (とりつぎ) という独特の布教を行う。明治33年(1900)一派独立。本部は、岡山県浅口 (あさくち) 市にある。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉