出典:デジタル大辞泉(小学館)

帯に用いるように、幅を狭く織った倭文布 (しずぬの) 。後世の真田 (さなだ) 織りの類という。

「いにしへの―の帯を結び垂れ」〈・二六二八〉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉