• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

帯に用いるように、幅を狭く織った倭文布 (しずぬの) 。後世の真田 (さなだ) 織りの類という。

「いにしへの―の帯を結び垂れ」〈・二六二八〉