天才/偉才/奇才/鬼才 の解説 - 小学館 類語例解辞典

天才/偉才/奇才/鬼才 の共通する意味

優れた才能。また、その持ち主。

英語表現 a genius

国語辞書で調べる 天才 偉才 奇才 鬼才 奇才 鬼才

天才/偉才/奇才/鬼才 の使い方

天才
▽天才の夭折(ようせつ)を惜しむ ▽天才ピアニスト ▽天才的
偉才
▽偉才の少年 ▽大した偉才だ
奇才
▽天下の奇才 ▽奇才の名をほしいままにする
鬼才
▽日本画壇の鬼才

天才/偉才/奇才/鬼才 の使い分け

どの語もすぐれた才能、また、才人の意。「天才」は生まれつき備わっている優れた才能、「偉才」は人並みはずれた才能、「奇才」は世にまれな才能、「鬼才」は非凡で人間とは思われないほどの才能であることをいうが、実際には意味・用法の相違はあまりない。
「偉才」は「異才」とも書く。

天才/偉才/奇才/鬼才 の関連語

異能
他の人にない特別な才能。文章語。「恐るべき異能の持ち主だ」「異能力士(りきし)

参照

天才⇒秀才/英才/俊才

カテゴリ

#人間の性質#能力

天才/偉才/奇才/鬼才 の類語 - 日本語ワードネット

天才 の類語

非凡な精神的能力 の意

天賦の才または特性 の意

生まれながらの才能 の意

まれな創造的能力 の意

ずば抜けた知的能力と独創性を持つ人 の意

異常に才能のあるか知的な(若い)人; 才能が驚きと賛美を起こさせるだれか の意

ある分野や活動で非凡で天賦の才能を有する人 の意

偉才 の類語

非凡な精神的能力 の意

奇才 の類語

非凡な精神的能力 の意

ずば抜けた知的能力と独創性を持つ人 の意

鬼才 の類語

非凡な精神的能力 の意

生まれながらの才能 の意

ずば抜けた知的能力と独創性を持つ人 の意

異常に才能のあるか知的な(若い)人; 才能が驚きと賛美を起こさせるだれか の意

ある分野や活動で非凡で天賦の才能を有する人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi