ショック/衝撃 の解説 - 小学館 類語例解辞典

ショック/衝撃 の共通する意味

予期しない事態に接したときに、心に与えられる、強く急激な刺激。また、それによって起こる動揺。

国語辞書で調べる ショック 衝撃

ショック/衝撃 の使い方

ショック
▽わが子を失ったショックから立ち直る ▽受験に失敗してショックを受ける ▽ショック療法
衝撃
▽父の死の知らせに衝撃を受けた ▽衝撃的告白

ショック/衝撃 の使い分け

両語とも、心理的にも物理的にも用いるが、「ショック」の方は心理的な場面で、「衝撃」の方は物理的な場面で用いることが多い。
「ショック」は、心にかなりのダメージを与える場合にも、小さな驚き程度の場合にもいう。「…とは、ショックだ」というように、刺激を受けた者の感情を直接的に言い表わす用法は「ショック」にしかないものである。
「衝撃」は、一瞬の強い打撃のようなもので、「ショック」のように軽い表現には用いない。心の動揺も、「ショック」より瞬時でより強いものをいう場合が多い。

ショック/衝撃 の関連語

センセーション
世界や世間の人々に強い刺激を与え、注目の的となるようなこと。「一大センセーションを巻き起こす」

ショック/衝撃 の類語対比表

精神的な…を受ける爆風の激しい……のあまり寝こむ…的なニュース
ショック
衝撃

カテゴリ

#人間の性質#心・精神

ショック/衝撃 の類語 - 日本語ワードネット

ショック の類語

戦闘に入る個人またはグループの激しいぶつかり合い の意

不愉快でがっかりさせられる驚き の意

(衝突などによる)衝撃 の意

何か悪いものが偶然起こるときあなたが抱く苦悩と不信感 の意

十分な酸素が細胞に供給されないことによって起こる身体的な虚脱状態あるいはそれに近いもの; 心拍出量低下と頻脈、血液循環の不足、顔面の蒼白化が特徴 の意

衝撃 の類語

突然力を加える行為 の意

戦闘に入る個人またはグループの激しいぶつかり合い の意

不愉快でがっかりさせられる驚き の意

体と体がぶつかること の意

(衝突などによる)衝撃 の意

突然の不快な衝撃 の意

一瞬の地核の激しい揺れ の意

何か悪いものが偶然起こるときあなたが抱く苦悩と不信感 の意

効果的な結果; 強力な影響 の意

十分な酸素が細胞に供給されないことによって起こる身体的な虚脱状態あるいはそれに近いもの; 心拍出量低下と頻脈、血液循環の不足、顔面の蒼白化が特徴 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi