任せる/委ねる の解説 - 小学館 類語例解辞典

任せる/委ねる の共通する意味

仕事の処置などを、他の人の思いのままにさせる。

英語表現 to entrust

国語辞書で調べる 任せる 委ねる

任せる/委ねる の使い方

任せる 【サ下一】
▽店の管理は彼に任せてある ▽病気のことは医者に任せればよい ▽私にお任せください
委ねる 【ナ下一】
▽進退は部長の判断に委ねることにした ▽代表に全権が委ねられた

任せる/委ねる の使い分け

「任せる」は、物事の処理・判断、仕事など、ある人がしなければならないことを、他の人に依頼し、その人の責任において自由にやらせる意味。
「委ねる」は、物事の処理・決定・判断などのすべてを相手に全面的によりかかるような形でやってもらう意味。「任せる」よりも、相手にすべてを託してしまうという意味合いが強い。
「任せる」は、「成り行きに任せる」のように、そのものの勢いのままにするという意でも使われる。

任せる/委ねる の類語対比表

すべてを彼に…運命に身を…その仕事は彼に…た方がよい心配しないで…なさい
任せる-せ○-せ○
委ねる-ね△-ね-

カテゴリ

#人間の性質#希望・願望・欲望

任せる/委ねる の類語 - 日本語ワードネット

任せる の類語

信用、または信頼する の意

判断または考慮について参照する の意

に預ける の意

委託物を授与する の意

誰かの世話になるまたは保護される の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi