[動マ五(四)]
  1. 相手に、こちらが希望するようにしてくれることを伝えて願う。依頼する。「用事を―・む」「口外しないよう―・む」「代筆を―・む」

  1. たよりになるものとしてあてにする。力としてたよる。「大黒柱と―・む人」「数を―・んで強行する」

  1. 用事や処置を他にゆだねる。まかせて、すっかりしてもらう。「子供を―・んで夫婦で出かける」「あとを―・む」

  1. 何かをしてもらうために呼ぶ。また、注文する。「医者を―・む」「タクシーを―・む」「出前を―・む」

  1. 他家に行って案内を請う。「たのみましょう」「たのもう」などの形で、感動詞的に用いる。

    1. 「『―・む』と案内を乞う」〈漱石草枕

  1. 信用する。信頼する。

    1. 「東人 (あづまうど) こそ言ひつることは―・まるれ」〈徒然・一四一〉

[可能]たのめる
[動マ下二]頼りに思わせる。あてにさせる。
    1. 「待つ人は障 (さは) りありて、―・めぬ人は来たり」〈徒然・一八九〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫