[形]《「みともない」の音変化》見た目にわるい。体裁がわるい。「―・いなり」「―・いまねはしないでくれ」
[派生]みっともなさ[名]
[用法]みっともない・[用法]みぐるしい――「客の前で兄弟げんかをするなんてみっともない(見苦しい)」「前をはだけたみっともない(見苦しい)格好」「みっともない(見苦しい)行為」など、相手に不快感を与えるさまの意では相通じて用いられる。◇「三年も浪人して、また不合格ではみっともない」のように、人目に対して体裁が悪いという本人の気持ちをいう場合は「みっともない」が、「相手の逃げ腰の態度が、見ていて見苦しかった」のように、他人の行為などについていう場合は「見苦しい」がより適切。◇類似の語の「みにくい(醜い)」は、対象についての分析的な評価であって、より客観的である。「遺産をめぐるみにくい争い」「親友のみにくい心を知って絶望した」など。

出典:青空文庫