• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[感]他人に強くよびかけることば。おおい。
  • 「猫又、―、―と叫べば」〈徒然・八九〉
[連語]《間投助詞「よ」と「や」の重なったもの》感動・詠嘆の気持ちをこめて聞き手に働きかける語。
  • 「阿弥陀仏―、おいおい」〈今昔・一九・一四〉