• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

阿部和重の処女小説。平成6年(1994)、第37回群像新人文学賞受賞。応募時のタイトルは「生ける屍の夜」。