Esztergomi bazilika》ハンガリー北部の都市エステルゴムにある大聖堂。同国におけるカトリック教会の中心であり、国内最大の規模をもつ。初代ハンガリー王イシュトバーン1世により最初の建物が築かれ、オスマン帝国の攻撃により完全に破壊された。現在の聖堂は19世紀に建築家ヒルド=ヨージェフの設計により新古典主義様式で再建されたもの。宝物館を併設し、シュキの聖杯、マーチャーシュ王受難図など同国有数のコレクションを所蔵。

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教]カテゴリの言葉