ポルトガル中南部の都市。古代ローマ時代から交通の要路に位置し、アレンテージョ地方の中心都市として発展。イスラム支配後はポルトガル王ジョアン3世の治下、宮廷が置かれた。16世紀にイエズス会の大学が創設され、学芸も隆盛。1584年には天正遣欧使節が立ち寄った。城壁に囲まれた旧市街にはディアナ神殿エボラ大聖堂ロイオス教会サンフランシスコ教会などの歴史的建造物が多く、1986年に「エボラ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/南ヨーロッパ]カテゴリの言葉

出典:gooニュース