1. 高等教育の中核をなす教育機関。学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究することなどを目的とする。修業年限は4年を原則とするが、2年ないし3年の短期大学もある。大学は、学部のほかに大学院、研究所・付属病院などを設置することができる。日本では、明治以後設立。明治19年(1886)の帝国大学令、大正7年(1918)の大学令などにより規定され、第二次大戦後は、学校教育法に基づいて設置され、今日に至っている。

  1. 大学寮」の略。

  1. 俗に、社会人を対象にした教養講座のこと。「市民大学」

中国、戦国時代の思想書。1巻。著者・成立年未詳。もと「礼記 (らいき) 」の中の一編であったが、宋の司馬光が抜き出して「大学広義」1巻を作り、のち、程顥 (ていこう) 程頤 (ていい) が定本を、1189年に朱熹 (しゅき) が「大学章句」を作って、四書の一とした。治者の倫理・道徳に関する三綱領・八条目を立て、儒教の学問の階梯 (かいてい) を説いたもの。

[補説]三綱領は治者の目標となる明明徳・止至善・新民の三つ。八条目は三綱領を実現するための修養で、格物・致知・誠意・正心・修身・斉家・治国・平天下の八つ。

出典:gooニュース

出典:青空文庫