• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地球の昼間の地域で、数十分にわたり短波通信が突然、妨げられる現象。太陽面のフレアによって紫外線X線が急増し、地球の電離層に異常電離を起こし、そこに電波が吸収されるためと考えられる。1935年に米国の物理学者デリンジャー(J.H.Dellinger)が発見。短波消失。短波障害。突発性電離層擾乱。