• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小アジアにあった古代都市。トルコ語名ペルゲ。現在のトルコ南西部の都市アンタリヤの東約15キロメートル、アクス川沿いに位置する。古代ローマ帝国時代、植民地パンフィリア地方の中心都市として栄えた。聖パウロが最初に布教の地に選び、小アジアにおける原始キリスト教の拠点となった。アクロポリスの丘には神殿や城壁のほか、東ローマ帝国時代の教会跡などが残っている。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉