《アラビア語の、「赤い城」の意を表す語から》スペイン南部、グラナダにあるイスラム時代の宮殿。13世紀ナスル朝のムハンマド1世が造営を開始し、14世紀にかけて建築、その後も増改築が行われた。大理石・タイル・彩色漆喰 (しっくい) を用い、イスラム建築の粋を集める。1984年、世界遺産(文化遺産)に登録された。アランブラ。