• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

二人の競技者がロープを張って囲んだ四角の競技場(リング)で相対し、両手にグローブをはめて上半身を打ち合い、ノックアウトを目的に勝敗を争う競技。体重別の階級制。拳闘。


[補説]ボクシングの体重別階級
アマチュアAIBA
階級/体重エリート・ユース*1 男子エリート・ユース*1 女子オリンピック 女子ジュニア*2 男子・女子
ピン級42キロ超 46キロまで
ライトフライ級46キロ超 49キロまで45キロ超 48キロまで46キロ超 48キロまで
フライ級49キロ超 52キロまで48キロ超 51キロまで48キロ超 51キロまで48キロ超 50キロまで
ライトバンタム級50キロ超 52キロまで
バンタム級52キロ超 56キロまで51キロ超 54キロまで52キロ超 54キロまで
フェザー級54キロ超 57キロまで54キロ超 57キロまで
ライト級56キロ超 60キロまで57キロ超 60キロまで57キロ超 60キロまで57キロ超 60キロまで
ライトウエルター級60キロ超 64キロまで60キロ超 64キロまで60キロ超 63キロまで
ウエルター級64キロ超 69キロまで64キロ超 69キロまで63キロ超 66キロまで
ライトミドル級66キロ超 70キロまで
ミドル級69キロ超 75キロまで69キロ超 75キロまで69キロ超 75キロまで70キロ超 75キロまで
ライトヘビー級75キロ超 81キロまで75キロ超 81キロまで75キロ超 80キロまで
ヘビー級81キロ超 91キロまで81キロ超80キロ超
スーパーヘビー級91キロ超
*1 エリートは19歳以上40歳以下、ユースは17~18歳。ユースの選手はエリート部門の試合にも出場可能。
*2 ジュニアは15~16歳。

プロWBAWBC
階級体重*6
アトム級*1102ポンド(約46.27キロ)以下
ミニマム級*2105ポンド(約47.63キロ)以下
ライトフライ級108ポンド(約48.99キロ)以下
フライ級112ポンド(約50.80キロ)以下
スーパーフライ級115ポンド(約52.16キロ)以下
バンタム級118ポンド(約53.52キロ)以下
スーパーバンタム級122ポンド(約55.34キロ)以下
フェザー級126ポンド(約57.15キロ)以下
スーパーフェザー級130ポンド(約58.97キロ)以下
ライト級135ポンド(約61.23キロ)以下
スーパーライト級140ポンド(約63.50キロ)以下
ウエルター級147ポンド(約66.68キロ)以下
スーパーウエルター級154ポンド(約69.85キロ)以下
ミドル級160ポンド(約72.57キロ)以下
スーパーミドル級168ポンド(約76.20キロ)以下
ライトヘビー級*3175ポンド(約79.38キロ)以下
クルーザー級*4200ポンド(約90.72キロ)以下
ヘビー級*5200ポンド(約90.72キロ)超
*1 WBC女子のみ。*2 WBCではストロー級と呼ぶ。*3 WBAのみ。*4 男子のみ。
*5 WBA女子は175ポンド(約79.38キロ)超、WBC女子は168ポンド(約76.20キロ)超。
*6( )内は規定の体重をキログラムに換算したもの。

出典:gooニュース