• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

爆発的な噴火でできた火口。周囲に顕著な砕屑物 (さいせつぶつ) の丘をもたず、しばしば火口に水をたたえる。男鹿 (おが) 半島の一ノ目潟・二ノ目潟など。

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉