米国オレゴン州西部の都市。ウィラメットバレーの南端、ウィラメット川とマッケンジー川の合流点に位置する。1870年に鉄道が通じ、農林産物の集散地として発展。ワイン生産が盛ん。オレゴン大学が所在。