• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

七里結界の解説 - 学研 四字辞典熟語

人や物事を忌み嫌って、遠ざけたり、寄せ付けないようにすること。密教などで、悪魔が入ってきて修行を邪魔しないように、四方に境界を設けること。
注記
「結界」は、仏道修行のため一定区域を定めること。また、修行の邪魔になるものを入れないようにした場所のこと。「しちりけっぱい」「しちりけんばい」とも読む。

キーワード[交際]の四字熟語

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語