1. 仏・法・僧の三宝を守護するという神。三面六臂 (ろっぴ) で、怒りの形相を示す。不浄を忌み、火を好むというところから、近世以降、かまどの神として祭る。荒神。

  1. 鞍の一。馬の背の上と左右に箱または枠をつけ、三人乗れるようにしたもの。また、その乗り方。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫