• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昭和10年(1935)前後、ファッショ化による社会的不安と知識人の精神的危機を克服しようとした文学上の傾向。三木清らの著述やシェストフの「悲劇の哲学」の訳出など。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉