• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏教書。4巻。竜樹 (りゅうじゅ) の「偈頌 (げじゅ) (根本中頌)」を青目 (しょうもく) が注釈、鳩摩羅什 (くまらじゅう) が漢訳したもの。竜樹の初期の作とされ、因縁によって生じたものはすべて空であるとして、有無を超えた空観による中道を宣揚した書。中観 (ちゅうがん) 論。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉