• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

連歌・俳諧で、百韻一巻を書くときの懐紙の2枚目の一折。裏表にそれぞれ14句を記す。歌仙では名残の折にあたる。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉