• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

室町時代の諺 (ことわざ) 。方向を示す助詞を京都では「へ」、九州では「に」、関東では「さ」を用いるというように、地方によって差異のあること。ロドリゲスの「日本大文典」や「実隆公記」などに記されている。