• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 今戸で産した焼き物。天正年間(1573~1592)に始まるといわれ、素焼きを主とし、日用雑器・瓦や人形などの玩具も作った。

  1. 《今戸人形の顔から》不器量のたとえ。

    1. 「自分の面 (つら) あ―の狸見た様な癖に」〈漱石吾輩は猫である

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉