• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

広津柳浪 (ひろつりゅうろう) の小説。明治29年(1896)発表。愛人と別れた遊女が、嫌いぬいた男と今戸河岸で心中するまでの、女心の機微を描く。