• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

紀州徳川家御庭 (おにわ) 焼き。文政(1818~1830)ごろ、10代藩主治宝 (はるとみ) が別邸西浜御殿内の偕楽園で、京都の楽 (らく) 焼の陶工や永楽保全らに焼かせたのに始まる。交趾 (コーチ) 焼の写しなどを主に作った。紀州焼。紀州御庭焼。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉