《「ぞうほう」とも》仏語。三時 (さんじ) の第2期。正法の次の千年間。教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなった時代。像法時。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉