[名](スル)
  1. 仏語。内省して自己の仏性・仏身などを観じること。観心 (かんじん) 。

  1. introspection》心理学で、自分の意識やその状態をみずから観察すること。内省。自己観察。

[補説]建物の「外観」に対して、「内部のようす」などの意で用いられることがある。

出典:青空文庫