1. 切ったばかりであること。また、そのもの。「切り立ての草花」

  1. 仕立ておろして間もないこと。また、そのもの。

    1. 「―のフロックコート」〈魯庵社会百面相

  1. 蹴鞠 (けまり) のとき、かかりの四隅に立てる木。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫