1. 掛かること。ひっかかること。「エンジンの―が遅い」

  1. (掛かり)物事をするのに必要な費用。入費。「―がかさむ」

  1. (掛かり)囲碁で、隅に打った相手の石のしまりを妨げること。「―を打つ」→締 (しま) り8

  1. 釣り針の、魚の外れるのを防ぐためにつける先端部の突起。針先の返しの部分。もどり。あぐ。

  1. 女の髪の垂れかかったようす。下がりぐあい。

    1. 「御髪 (みぐし) の―、はらはらと清らにて」〈・若菜下〉

  1. 蹴鞠 (けまり) をする場所。また、その場所の四隅に植えた樹木。普通は北東に桜、南東に柳、北西に松、南西にカエデを植える。

    1. 「まりを好みてのち、―の下に立つ事七千日」〈著聞集・一一〉

  1. 建物のつくり方。構え。つくり。

    1. 「此の大門の―などは、誠に今迄の寺々とは格別なものでござる」〈虎寛狂・鐘の音

  1. 趣。風情。

    1. 「枝を矯 (た) め葉を透かして、―あれと植ゑ置きし」〈謡・鉢木

出典:青空文庫