• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。主人に金 (かね) の値 (ね) を聞きに鎌倉へ遣わされた太郎冠者が、鐘の音と早合点し、寺々を回って聞いた鐘の音を報告してしかられる。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉