• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 名月が雨で見られないこと。雨名月。雨の月。 秋》「くらがりに炭火たばしる―かな/波郷

  1. 陰暦5月の異称。

[補説]曲名別項。→雨月

謡曲。四番目物金春禅竹 (こんぱるぜんちく) 作。西行が、雨と月とどちらがよいかで争う風雅な老夫婦の家に投宿した夜、和歌の徳により住吉明神があらわれる。