• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 尺貫法の重さの単位。1貫は1000匁 (もんめ) 、すなわち3.75キロで、明治24年(1891)から昭和33年(1958)まで商取引で用いられた。

  1. 銭貨を数える単位。1貫は銭1000文。江戸時代、実際には960文が1貫とされ、明治時代には俗に10銭を1貫とも称した。貫文 (かんもん) 。

  1. 律令制で、戸籍に記載されること。また、その土地。本貫。

  1. 中世、土地面積の表示に用いた単位。一定の広さではなく、租税となる米の収獲高を銭に換算して表したもの。

[接尾]かん

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉