1. 机・たんすなどの引き出しにつける金属製の取っ手。

  1. 切れ目の入った鉄の輪で、茶釜の両耳に差し入れて釜の上げ下ろしに用いるもの。

  1. 紋所の名。1の形を図案化したもの。鐶桐 (かんぎり) ・鐶雀 (かんすずめ) ・四つ鐶菱 (かんびし) などがある。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉