[形][文]あやふ・し[ク]
  1. 危険が迫っている。あぶない。「―・いところを助かった」

    1. 危ない[用法]

  1. 気掛かりである。心もとない。不安だ。

    1. 「世のうけひくまじきことなれば、中々―・くおぼし憚りて」〈・桐壺〉

[補説]中世以降、シク活用化した例やその口語形「あやうしい」の例も認められる。
  • 「さはらば落ちん其の風情、しほらしくも又あやふしし」〈浄・井筒業平〉
[派生]あやうがる[動ラ五]あやうげ[形動]あやうさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース