• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

二つの物体が衝突するときの、衝突前と衝突後の相対速度の比。斜めに衝突する場合は、接触点の法線方向の速度成分をとる。例として、一方が静止した壁でもう一方が球であるとすると、衝突前後で球の速度が変わらない弾性衝突(完全弾性衝突)の場合は反発係数e=1となり、速度が変わる非弾性衝突の場合はe≠1となる。壁にくっついて跳ね返らない完全非弾性衝突ではe=0となる。跳ね返り係数。