• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

箏 (そう) を弾奏するときの技法の一。右手で弾いたあと、左手の指でその弦をつまみ、右の方に引きよせて音を下げること。

「つらつき美しげにて、―の手つき、いみじう作りたるものの心地するを」〈・少女〉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉