• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 句の数。

  1. 連歌・俳諧で、百韻または歌仙一巻のうち同季・同種の句を何句まで連ねてよいか規定したもの。

  1. 連歌・俳諧で、一巻を巻き終わったあと、懐紙の巻末に作者名とその句の数を記入すること。句上げ。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉