• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉時代、地頭荘園国衙 (こくが) 領の年貢を請け負うこと。地頭の年貢未進をめぐる紛争解決のため、荘園領主や国司が地頭に土地の管理を任せる代わりに一定額の年貢を請け負わせて収入の確保を図ったもの。地頭請所。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉