1. 平安末期、所領を中央の権門勢家に寄進し、在地にあって荘園管理に当たった荘官。

  1. 鎌倉幕府の職名。文治元年(1185)源頼朝が勅許を得て制度化。全国の荘園・公領に置かれ、土地の管理、租税の徴収、検断などの権限を持ったが、しだいに職域を越えた存在となり、室町時代には在地領主化が進行した。承久の乱以前のものを本補地頭、以後のものを新補地頭という。

  1. 江戸時代、知行取り旗本。また、各藩で知行地を与えられ、租税徴収の権を持っていた家臣。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース